協力

協力

2014年4月28日月曜日

福井県の「星山ホルモン」

こんにちわ、今回は福井県で人気のある星山ホルモンを食べたのでご紹介します。

福井県と言うのは実はホルモン激戦区、ご当地ホルモンで人気の神奈川県の「厚木シロコロ・ホルモン」、宮城県の「気仙沼ホルモン」に負けず劣らず福井県の「とんちゃん」も地元民からの熱い支持をうけている料理になっています。

調べてみると、その中でも地元民から特に支持を受けているのが「星山ホルモン」、同じホルモンを扱っているものとして一度食べてみたいと思いネットサーフィンで売っている店を石川県で発見しました。

アルビスの内灘店です。

これは食べねばと思い早速購入してきました。


大容量の500g、使っているホルモンは牛大腸と豚の小腸。それを味噌ベースのタレに漬け込んである商品、これが福井県のソウルフードかと思いながら実食!


ホルモン焼きには野菜を合わせます。ホルモンの甘辛いタレが野菜の甘みとマッチして私的には良い感じに食べれます。

あっちなみに「ホルモン」の語源は「ほうるもん」=放るもん(捨てるもの)からきてると言う説があり、あまり見向きもされなかった食材なのですが、最近ではもつ鍋やホルモン焼きなどで使われるようになり、和牛のホルモンなんかは今では高い!これがホルモンの値段ですか?と言うぐらい強気の値段で・・・

まぁそんなことはさておいて、


完成です。うん、想像通り!

味も、想像通り!皆さんが思い描くこてっちゃんの味を2段階ぐらい美味しくした感じ。多分ホルモンの美味しさは周りの雰囲気も重要!わいわいしているところで若干汚れて食べるぐらいが美味しいんじゃないかな?

これからの時期バーベキューなどに使うのがおススメの食べ方かと思います。

それでは今回はこの辺で、ご馳走様です。